富井眼科
トップページ
当院のご案内
沿革
院長あいさつ
院内紹介
最新医療機器の案内
診察のご案内
白内障について
コンタクトレンズについて
その他
アクセス&診療時間
求人について
院長あいさつ
富井眼科診療所は開院75年を迎え、職員一同、地域医療に貢献することに誇りをもって働いています。
ただ最近の医療は、以前に比べて格段に進歩しています。こうした医療の進歩に遅れることなく、最新の医療を提供できるように、平成18年に建物全体の改修工事を行い、最新設備を整えました。同時に、2代目院長富井宏は理事長職に専念し、富井聡が院長を引き継ぎました。
この新しい診療所が特に力を入れているのが、小切開による白内障手術です。院長が、すべての手術を一日で行います。手術時間は短く,術後早期から良好な視力が得られます。また組織の障害が少ない緑内障レーザー治療も行っています。
このほかに以前から京都府立医科大学付属病院眼科学教室の協力を得て、角膜や網膜の専門医師が診察および教育指導を行ってきましたが、さらに緑内障や眼形成、ぶどう膜の専門外来が拡充されました。こうして専門性の高い大学水準の医療を、より多くの方々に提供することができるようになりました。

これからも最良の眼科医療で貢献する所存ですので、富井眼科診療所をよろしくお願い申し上げます。

平成20年2月 院長 富井聡

院長 富井聡 医学博士
昭和39年7月22日生まれ
京都府立医科大学卒


勤務履歴
・京都府立医科大学付属病院
・UCデービスメディカルセンター留学
・京都第二赤十字病院
・府立与謝の海病院



Copyright 2007 Tomii Eye Clinic all rights reserved.